育毛剤の効果とは?育毛に効果のある塗り薬!

 

育毛を始める前に自分がどんなタイプか、つまり薄毛や抜け毛の原因を特定しているといいでしょう。
やはりそれぞれの種類によって育毛剤の効能が違ってくるからです。
育毛剤には二つのタイプがあります。
塗るタイプの育毛剤にはどんな効き目があるのでしょうか。

 

塗るタイプの育毛剤で男性ホルモンを抑制する薬があります。
男性ホルモンが多いと毛が濃いイメージがありますがそれはヒゲや体などにいえることで髪の毛については薄毛の人が多いです。
なぜかというと毛根の細胞の活性化を低下させる働きがあって髪の毛の成長を阻みます。
そこで男性ホルモンを抑制して髪の毛を成長させるようにするものです。

 

また、ビタミンなど栄養を補給させる薬もあります。
毛包という組織から毛が作られますがその一番奥の毛母細胞の活動を活発にするために栄養が必要です。
細胞に直接働いてくれますので育毛に大きな力を与えてくれるでしょう。

 

薄毛や抜け毛で悩んでいる方の中にはフケやかゆみがあるという方もおられるでしょう。
そういう方にオススメなのは皮脂を除去したり分泌するのを抑制する薬です。
しかし気をつけなければいけないのは頭皮の乾燥です。
皮脂を除去して乾燥してしまうと皮膚が悪くなってしまうおそれがあるので使う量を適度になるようにしなければなりません。

 

もう一つのものは頭皮の血行をよくする薬です。
血がよく通うようになると栄養が行き来しやすくなりますので髪の毛の成長に助けとなります。

 

塗り薬といってもたくさんの種類があるんですね。